News|Lee Min Ho Japan Official Site―イ・ミンホ日本公式サイト―

Lee Min Ho Japan Official Site―イ・ミンホ日本公式サイト―

ニュース

番号 280日付 2012.08.22

タイトル
イ・ミンホ、憤怒の涙の演技で視聴者を圧倒


イ・ミンホが感極まった憤怒の涙の演技を披露し、視聴者を圧倒した。

先日21日放送されたSBS月火ドラマ「信義」(神醫)の第4話では、部隊の隊長であり自身の
師匠でもあるチェ・ミンスが無念の死を迎える姿を見ながら涙するシーンを熱演したイ・ミンホ。
劇中、チェ・ヨン(イ・ミンホ)は、恭愍王(リュ・ドクファン)に任せられた任務が終わったため、
宮殿を出るという意思を打ち明けた状況。恭愍王がチェ・ヨンに宮殿を出ようとする理由について
自身を説得してみろと要求し、チェ・ヨンは重い口を開き自身について語りはじめた。

チェ・ヨンは過去の王が直接部隊を統治下するため宮殿に部隊を呼び、隊長のムン・チフ(チェ・ミンス)が
自身の隊員を守ろうとしたところ、王に刀で刺され無念の死を迎えた事実を伝えた。

チェ・ヨンは不憫にも死んでいく隊長ムン・チフを見ながら今にも爆発しそうな激しい怒りと
憎悪を抑制し涙を流した。
ただひたすら師匠の最後の遺言と同僚達を生かさなければならないという想いで我慢し、
一筋の涙をこぼす姿は、視聴者達の胸を詰まらせた。

チェ・ヨンは恭愍王に対して死を辞さないほどの忠誠心を見せていたが、どこか暗い表情と
切なそうな眼差しの中には悲しい過去が秘められていたのだ。チェ・ヨンの話を聞いた後の
もどかしそうな恭愍王の表情とは対照的に、全てを打ち明けたチェ・ヨンの淡々とした姿は、
今後のチェ・ヨンの動きに対する好奇心をかき立てた。

視聴者たちからは、“イ・ミンホが涙を一粒、一粒こぼす度に自分も知らない内に涙が出た。
あの感情をどうしたらあんな風に演技できるのか…イ・ミンホを再発見した。”等の感想が
たくさん寄せられた。

イ・ミンホの演技と感動的なストーリーラインに注目が集まりそうだ。



 

一覧に戻る
トップへ