Lee Min Ho Japan Official Site―イ・ミンホ日本公式サイト―

ニュース

番号 610日付 2016.11.18

タイトル
イ・ミンホのロマンチックコメディー演技、本格的に始動


先日17日放送されたSBS「青い海の伝説」2話で、ホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)と人魚(チョン・ジヒョン)の二人の絆はより一層深まった。



初回、詐欺師ホ・ジュンジェと朝鮮王朝時代の長官に扮し、魅力溢れる多彩なキャラクターを演じて3年振りにお茶の間へ復帰を果たしたイ・ミンホ。
人魚との絡みが本格的に描かれた2話では、“ロマンチックコメディー王”の名に相応しい存在感を発揮した。

放送前から、完璧なビジュアルはもちろん、ホ・ジュンジェのクールだが優しい、茶目っ気溢れるが温かい女心をくすぐる様々な要素が話題になっていたが、2話に入りどんどん変化するイ・ミンホの眼差しが更に話題を集めている。

イ・ミンホは、人魚を優しく見つめる長官の眼差しから、人魚を面倒くさがりながらも決定的な瞬間は手を差し出す優しさに溢れた眼差し、母親に対する話をしながら想いを募らせる眼差しなど、様々な感情がこもった眼差しで視聴者の心を鷲掴みした。
更に、たくさんの台詞もテンポ良くリズミカルにこなし、感情の変化を見事に表現したという。

劇中イ・ミンホが放った、“おまえ今恥ずかしがってるのか?”や“愛は降伏だってこと”という台詞は既に名セリフとして注目を浴びている。




一覧に戻る
トップへ